浦整骨院【福岡市/中央区/警固/整骨院/交通事故治療】
HOME>院長ブログ
 / 整骨院ニュース / 

院長ブログ

全国高校駅伝:昨年上回る健闘 男子・滋賀学園36位 女子・草津東42位 /滋賀
師走の都大路を駆け抜ける男子第62回、女子第23回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)が25日、京都市の西京極陸上競 技場を発着点に行われた。県代表の男子・滋賀学園(4年連続7回目)は、7区間42・195キロを2時間10分50秒の36位でフィニッシュ。女子・草津 東(2年連続6回目)は5区間21・0975キロを1時間14分51秒で42位となった。厳しい寒波となった都大路の沿道や競技場で、選手たちは熱い声援 を受けて力走し、両チームとも昨年の順位を上回る健闘を見せた。【前本麻有】
 ◆男子
 ◇滋賀学園、充実の36位
 「やるべきことはやってきた。みんな楽しんで走ろう」。滋賀学園の大河亨監督はレースが始まる前、選手たちにそう呼びかけた。2年連続で1区を任された 山本采矢選手(2年)は、中盤まで懸命に先頭集団に食らいつき、38位で2区の田辺一輝選手(2年)へ。田辺選手は区間27位の好走で1人を抜き、「(交 通事故で亡くなった)中矢の分まで頑張ろう」と声をかけ、3区の浜寄直人選手(3年)にたすきを託した。
 県予選で区間新を出した4区の木村優志選手(2年)はスピードに乗って35位に上がり、5区の松田聖也主将(3年)へ。大河監督が「集中力の高さはチー ムで1番。レース終盤のポイントになる」と6区に起用した上田隼平選手(2年)は期待に応え、6人をごぼう抜きして31位まで追い上げる力走を見せた。
 1年生のアンカー、山中章弘選手(1年)がたすきをなびかせ、競技場に戻ってくると、スタンドに陣取ったクラスメートや保護者から大きな声援が送られ、 山中選手は36位ながら、県予選や近畿大会を上回るタイムでフィニッシュ。松田主将は「仲間と力を合わせて、都大路を走り切ったことがうれしい」と充実し た表情だった。
 ◇「懸命な姿人を幸せに」 事故死・中矢選手、家族が沿道でエール
 先月19日に交通事故で亡くなった、滋賀学園の中矢友貴選手(1年)の家族も、都大路の沿道で声援を送った。「友貴も『ここを走っていたのかもしれな い』と考えるだけで胸が詰まる」と父の幸一さん(42)。中矢選手と兄弟のように親しく、いつも一緒に走っていた6区の上田隼平選手(2年)の中継点で は、妹の中矢瞳ちゃん(9)が「じゅんぺいー、頑張れ!」と熱いエールを送った。母の真由美さん(38)は「一生懸命走る姿は、見ている人を幸せな気持ち にしてくれる。応援しに来た私たちが励まされました」といい、「お疲れさま」と選手たちをねぎらった。【前本麻有】
 ◆女子
 ◇草津東、粘りの42位
 部員不足の中、1、2年生だけで臨んだ草津東は、出場校予選タイム44位ながら全員が粘りの走りで、終始42位をキープするレースとなった。
 エースで1区の岸本七海選手(2年)は、スタートの瞬間から「経験したことのない、ハイスピードのレース」と焦ったが、小澤信一監督の「落ち着いて行 け」という言葉を胸に、懸命に駆けた。メンバー全員で約束した通り「笑顔でたすきをつなごう」とスパートをかけ、草野香織選手(1年)が待つ2区へ。「あ こがれだった都大路。沿道の声援が励みになって、坂道も苦しくなかった」と草野選手は順位を落とすことなく、3区の山下凪選手(1年)にたすきをつない だ。
 山下選手は、区間34位の力走で、4区の兼松侑里選手(2年)の背中を押しながら「頑張って」とたすきを託した。「1年生がしっかり走ってくれた。1秒 でも差を縮めよう」と兼松選手は奮起し、アンカーの大野千晴選手(2年)は疲労で左太ももを痛めていたが、力を振り絞ってフィニッシュ。岸本主将は「しっ かり準備して臨んだのに、納得できる結果を出せなかった。もっと強くなって帰ってくる」と話し、夢舞台を後にした。



福岡市で骨折・脱臼・捻挫・打撲交通事故治療のご相談は、福岡市薬院の浦整骨院へ
投稿者 浦整骨院 (2011年12月26日 18:25) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :