浦整骨院【福岡市/中央区/警固/整骨院/交通事故治療】
HOME>院長ブログ
 / 整骨院ニュース / 

院長ブログ

首都高湾岸線タクシー運転手ひき逃げ死亡事件 現場から逃走していた39歳女逮捕
首都高速湾岸線で2011年9月、タクシー運転手の男性がひき逃げされ死亡し、容疑者が別の車に乗って現場から逃走していた事件で、39歳の女が逮捕された。
自動車運転過失致死の疑いで逮捕されたのは、無職の立小路(たてしょうじ) 裕美子容疑者(39)。
立小路容疑者は2011年9月、首都高速湾岸線で乗用車を運転中、別の交通事故で車から降りて中央分離帯付近にいたタクシー運転手・石井一成(かずしげ)さん(当時60)をひいて死亡させ、現場から逃走した疑いが持たれている。
立小路容疑者は、車を乗り捨てバックしてきた車に乗って現場から立ち去っていた。
乗り捨てられた車は盗難車で、車内には盗難ナンバーが8枚、残されていた。
立小路容疑者は、「盗難車で無免許だったので逃げた」などと供述しているという。



福岡市で骨折・脱臼・捻挫・打撲交通事故治療のご相談は、福岡市薬院の浦整骨院へ
投稿者 浦整骨院 (2012年1月11日 11:03) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :