浦整骨院【福岡市/中央区/警固/整骨院/交通事故治療】
HOME>院長ブログ
 / 整骨院ニュース / 

院長ブログ

<道警の調書捏造>新たに8件追送検 巡査部長を懲戒免
札幌東署員の供述調書捏造(ねつぞう)事件で、北海道警は19日、公判中の巡査部長、鉛口(どうぐち)亘被告(30)が以前勤務していた函館中央署でも8 件の捏造をしたとして、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で追送検した。送検された捏造は計12件となり、道警監察官室は同日付で鉛口被告を懲戒免職処分と した。

 監察官室によると、鉛口被告は函館中央署交通課勤務の05~09年、交通事故の参考人調書を本人に読み聞かせせず勝手に作成し、自分で署名・押印したなどとしている。「事件処理が進まず面倒だった」と動機を説明しているという。

 監察官室はこのほか、鉛口被告が02年に交番に届けられた免許証などの入ったバッグを処理せず、自宅に持ち帰っていたことも明らかにした。業務上横領罪の公訴時効(7年)が成立しているが、懲戒処分の理由には加えた。

 またキャッシュカードを使って家電量販店から約92万円相当をだまし取ったとして詐欺罪で起訴された稚内署巡査、平塚拓哉被告(27)も19日付で懲戒免職とした。【伊藤直孝】


福岡市で骨折・脱臼・捻挫・打撲交通事故治療のご相談は、福岡市薬院の浦整骨院へ
投稿者 浦整骨院 (2012年1月19日 09:37) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :