浦整骨院【福岡市/中央区/警固/整骨院/交通事故治療】
HOME>院長ブログ
 / 整骨院ニュース / 

院長ブログ

大阪市バス運転手、飲酒事故を報告せず連絡にも応じず 上司が母連れて説得
大阪市交通局は26日、住吉営業所に所属する市バス運転手の男性職員(48)が酒気帯び運転でマイカーを運転し、交通事故を起こしたと発表した。事故は今 月6日に起きたが、職員は上司に報告していなかった。飲酒運転をした職員は、免職または停職とする指針があり、市は近く職員を処分する方針。職員は上司か らの連絡に応じない状態だったが、25日になって上司が職員の母親を連れて自宅を訪問して説得。事故の状況が判明した。

 市によると、事故は6日午後2時51分ごろ、同市住之江区内で発生。職員がマイカーを運転中、追突事故を起こした。酒の臭いがしたため、駆けつけた警察官が検査をした結果、基準を超えるアルコール分を検出。道交法違反容疑(酒気帯び運転)で摘発された。

 職員はこの事故を上司には報告していなかったが、23日になって、大阪府警住之江署から改めて事情を聴かれたことを受け、隠しきれないと判断。職場の上司に電話で報告した。

 だが、その後、上司が連絡を取ろうとしても応じようとしなかったため、上司は職員の母親を連れて自宅を訪問し、事故状況を聞き取り。職員は「当日朝にビール飲んだ。運転中、シートに落ちた荷物を取ろうとして追突した」などと説明したという。

 事故当日、職員は休暇中。その後、数日出勤したが、15日から「神経麻痺(まひ)の症状がある」として1カ月間の病気休暇に入っていた。


福岡市で骨折・脱臼・捻挫・打撲交通事故治療のご相談は、福岡市薬院の浦整骨院へ
投稿者 浦整骨院 (2012年1月26日 10:00) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :