浦整骨院【福岡市/中央区/警固/整骨院/交通事故治療】
HOME>院長ブログ
 / 整骨院ニュース / 

院長ブログ

むち打ちの痛みについて

「病院で交通事故治療を受けても、なかなか改善につながらない」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。特にむちうちでお悩みの方は多く、改善方法が分からず辛い痛みと共に毎日を過ごしている方もいらっしゃいます。こちらでは、むちうちの痛みについて解説します。

忘れた頃に出るむちうち

交通事故が影響して引き起こされるむちうちは、他の怪我が完治した頃に気づくというパターンも少なくありません。「事故直後に無傷だったため病院での診断や交通事故治療を受けなかった」という方も、後日むちうちに気づく可能性があります。事故に遭って体に衝撃をうけたら、直後に外傷や痛みがなくても受診することが大切です。また、診断や交通事故治療を受けた後でも、リハビリが十分でなかったために再発することがあります。

神経根の障害

神経根とは脊髄神経につながっている神経の根本部分のことで、知覚神経や運動神経が集まっているところです。神経根が圧迫されたり引っ張られたりすると、首・肩・腕への放散痛やしびれなどが引き起こされます。その他、知覚障害・顔面痛・反射異常などが起こる場合もあります。

頸部捻挫型

むちうちの多くは、この頸部捻挫型が原因だといわれています。頸部捻挫型は、手足の捻挫のように靭帯や筋肉などにダメージを受けてしまい、組織が損傷している状態です。主な症状としては、肩こり・首の痛み・頭痛・首を伸ばすと首や肩が痛むなどがあります。状態によっては肩や首だけでなく、背中に痛みを感じたり、めまいが起こる場合もあります。

当院は、福岡市中央区で様々な経験と実績のある整骨院です。施術設備も充実しており、むち打ちの診断を受けた後、保険証を使用できる対処方法をお探しの方にもぴったりの施術を行います。博多駅も近いので、福岡市内の南区や西区にお住まいの方はもちろん、福岡市外の様々な地域からもお越しいただけます。良き相談者として身近な存在になれることを目指しておりますので、小さなことでもお気軽にご相談ください。

投稿者 浦整骨院 (2015年5月29日 13:40) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :