福岡の整骨院|交通事故治療や肩こり・腰痛なら【浦整骨院】
HOME>交通事故治療

交通事故治療

交通事故治療

交通事故治療

交通事故・各種保険取り扱い
(福岡市中央区の交通事故治療・整骨院をお探しでしたら当院へお越し下さい。)

整骨院でも交通事故の後遺症の治療を受けられます。
自賠責(自動車損害賠償責任)保険扱いとなります。
交通事故障害は、交通事故の強い衝撃によって全身の筋肉のバランスが崩れます。
交通事故にあったその日は何もなくても2~3日してから症状が出ることもあります。
痛みなどの症状を感じたら早目の治療をお勧めします。
医療機関にて診断書を発行してもらい、警察に届けを出し保険会社からOKをもらってから治療開始となります。

当院では、開業以来、鞭打ち・交通事故からくる様々な事故治療を専門に行っています。
また、各患者さんの症状にあわせて、整形外科との連携もしております。
お困りの方はご相談下さい。

 
負担金0円
交通事故で傷めた身体は痛みが取れても再発(後でまた痛くなること)が多いです。
後から痛くなっても示談した後では遅いです。 しっかり確実に治療し、再発の無いようにしましょう!! 092-524-1177 当院では、普段から多数の交通事故による症例を取り扱っています。
※お困りの方は、気軽にご相談下さい。症状についてでも、自賠責保険についてでも、何でもご相談下さい。
もし交通事故に遭ったら・・・
交通事故に遭ったら・・・交通事故に遭ったら・・・
もし交通事故の被害者になってしまったら、速やかに適切な行動をとることが重要です!加害者の確定 加害者の運転免許証を見せてもらい、住所・氏名を確認。 車のナンバーも必ず控えておきましょう。
 
次へ
事故現場の保全
交通事故現場を確認し、見取り図を作成したり、写真(交通事故車・現場)を撮っておくことが大切です。 これは事故当時記憶が薄れたり、現場の様子が一変してしまうこともあるので、事故後なるべく早めに行動しましょう。 次へ
警察への届出
加害者は事故の報告をする義務がありますが、被害者からも届出を忘れず行いましょう。その時は症状が出ていなくても、後々痛みがでることもあります。 必ず届出を行い、『交通事故証明』を申請してください。これは保険金の請求手続きの際に必要になります。 次へ
専門家の診察を受ける専門家の診察を受ける
“大したことはない” と思っていても、意外に重症である場合もあります。 事故に遭ったら専門家(医師・柔道整復師など)の診察を受けることが大切です。また診断書を発行してもらい、必ず所轄の警察へ提出してください。 診断書を提出しないと人身事故の扱いになりません。診断書を提出することで、自賠責保険への治療費の請求が可能となります。
 
次へ
自分の保険会社への事故報告
自分の加入している自動車保険会社や代理店へ、事故に遭遇し被害者になってしまった旨を報告してください。 搭乗者保険を掛けている場合、運転者のみならず同乗者にも入院や通院時の医療補償がついていますので、請求することができます。 次へ
加害者の保険会社から連絡があったら
保険会社の担当に通院(入院)する医院を伝えてください。 あくまでも通院(入院)する医院は患者さんが決めるものですので、救急車で運ばれた病院にしか通院(入院)できないということはありません。
福岡県福岡市の浦整骨院【接骨院】に、福岡市中央区、警固、大名、赤坂、今泉、桜坂、白金、薬院、平尾、大宮、高砂、清川、渡辺通り、博多区、東区、西区、早良区、南区、城南区、筑紫野市、大野城市、春日市、太宰府市、糟屋郡、前原市、久留米市、柳川市、、みやま市、大牟田市、八女市、大川市、宗像市、福津市、直方市、飯塚市、北九州市などから御来院頂いております。
対象症状
打撲(だぼく)、骨折、脱臼、挫傷、捻挫(ねんざ)、しびれ、頭痛、腰痛、首痛、膝痛、交通事故治療 、むち打ち症、むちうち症、鞭打ち症、各種スポーツ傷害、交通事故の後遺症、ムチウチ症、肩 こり、眼精疲労、冷え性、ギックリ腰、神経痛、手足の痛み、関節痛、膝の痛み、外反母趾矯正、骨盤の歪み、五十肩、四十肩、腰の痛み、外反母趾、スポーツ マッサージ、【むちうち、ムチウチ、むち打ち、鞭打ち、ムチ打ち】

お気軽にお問い合わせ下さい。